2011/03/19

世界が見た日本人に対する印象。僕たちは、微力ながら節電で頑張っています

人気blogランキングへ←ランキングアップにご協力を!
 ↑ ↑
皆さんの清き一票がブログランキングに反映されます


昨日、格安動画制作チームスタジオAOBAで働く留学生、中国人のS君、アメリカ人のMさんに原発事故について話をしました。

正しい知識が無ければ日本にいることが不安になるだろうし、留学生の友達は、両親からは帰国しろと言われる子もいるらしく、実際に帰国する子も目立ってきていますから、こういう時こそ正しい知識で、自分で判断する大切さを話ししました。


その時に、世界が見た日本人に対する印象を聞くことができたので、ここで紹介します。


今、世界から原発における動向について注目をされる一方、
世界は、日本人の行動に着目、感動を覚えているのだそうです。


日本人は、食料の奪い合いをせずに、列を作って並びますよね


中国もアメリカも、こういった災害時は、必ず奪い合いになるのだそうです。


えっ?アメリカも暴動になったりするの?
とも思いましたが、治安の悪いところが多くあるからと言っていました。




昨年、交通事故を目の前にして、中国人が言っていたのは、


「中国では、渋滞の時、みんな逆車線走ります!中国はそれが常識!」
「日本に来て、日本は安全だと思った」


だそうです。


確かに日本人は、小さいころから、やって良いこと、悪いことを自然に教わります。


子供を公園に連れていくと時々、子供同士遊具の取り合いになります。
でも、すぐにママさんが「順番だよ」「順番」って、ルールの大切さを教えてますね。


普段、当たり前に思っていた日常のやり取りが、日本人の人への思いやりや譲る心を形成しているんだなと感じた瞬間でした。


こんなに大変な時期だからこそ、みんなが協力し合って、頑張らなければなりません。


スタジオAOBAでは、微力ながら節電のため、暖房入れず、照明も入れず、温かい恰好で頑張っています。




<ココから余談です。>
 この場を借りまして、
 相模原市に、相模原市は無駄な電力を使いすぎだと先日注意しました。
 今日は、詳しくは書きませんが、まだ、何もアクションがありません。


とても残念です。




人気blogランキングへ


■ツイッターで時々つぶやきます


■不動産コンサルタント養成講座 倉橋塾 プロモーション 成功へ向けて


↓ ↓ ↓





CFネッツ加盟店募集要項はこちら

0 件のコメント:

コメントを投稿