2012/03/10

一般ゴミ、粗大ごみ、資源ゴミの処理を体験。

人気ブログランキングへ ご協力をお願いいたします。
↑ ↑ ↑ クリックで一票加算されます。


昨日は、おやじ宅の大規模な大掃除、片付けで出てきた、ガラクタ、ゴミ、
それと、
昔は僕も住んでいたので、もう、着ることの無い衣服など(太ったからね)
全部廃棄処理デイとなりました。




今回はニッポンレンタカーのビジネス会員に登録して、
割引価格で箱形のトラックを借りました。




トラックは、久しぶりの運転です。


今時は、バックミラーがTVモニターなんですね。
↓ ↓ ↓

一般ゴミ、粗大ごみ、資源ゴミ、それぞれ処理してくれるところが違います。

まずは一般ゴミを乗せ、清掃工場(ようは一般ゴミの焼却場)へ。


受付を済ませ、まずは計量です。
↓ここで車両の重量を量ります。
↓ ↓ ↓

計量を済ませ、

焼却場へ侵入します



ここで、一般ゴミをトラックから下し、
一般ゴミに資源ゴミや粗大ゴミが混ざっていないかのチェックを受けます。

一般ゴミとはここでお別れ。

再度車両の重量を計量。
荷下ろし前と後での重量の差で費用を払います。

10kg120円換算でした。

これで一般ゴミの処分終了です。


次に粗大ごみをトラックに詰め込み、粗大ごみ受け取り施設へ。


ほとんどが粗大ゴミのつもりでいたので、粗大ゴミの処理場へ行くと、
意外や意外、ほとんどが一般ゴミ扱いと判明。


焼却場に行って、残った物を再度持ってきてほしいと言われました。
ここでは詳しくは書きませんが、小さい物はほとんど一般ゴミ扱い。


言われた通りにして、粗大ごみの処理完了。
ここでも、10Kg120円換算で支払いしました。




次に、資源ゴミの受け取り工場へ。
ここは民間企業です。



ここでも同じように車両の重量を計算して、資源ゴミを下ろします。
一般ゴミと粗大ごみは、市の施設なので、
比較的安価で処理してくれましたが、
ここは、民間企業です。
結構高額な請求が予想できました。

ドキドキしながら、
見積もり待ち。
そして、びっくり仰天

無料でした。

なんでも、一般からのゴミは無料なんだそうです。


この日、ゴミについてすごく勉強になりました。

不動産業に携わっているとよく耳にするようになる
入居者の残置物の処理、ゴミ部屋の処理。

数十万、数百万の費用がかかることがあるようですが、
人件費+数万円で済むことがわかりました。

これって、ビジネスになるよなぁ〜


(今、いろいろ考え中・・・)


さて、
今日も、お気に入りのここち湯で疲れを癒します。

ちょっと面白い張り紙を発見
↓ ↓ ↓
↓ ↓ ↓

手すりの意味ないじゃん!




人気ブログランキングへ ご協力をお願いいたします。
↑ ↑ ↑ クリックで一票加算されます。





1 件のコメント:

  1. はじめましてSuMと申します!ブログ始めたばかりの新米です。とても興味深い内容で勉強になります。是非、情報交換させていただければ幸いです!お時間のある時にでも、わたくしのブログに遊びに来てくれたらうれしいです!ブログランキングに参加してます。清き一票を心待ちしております。わたくしのブログです。http://ameblo.jp/marshallpalacl/よろしくお願いいたします.

    返信削除