2012/03/24

お客様を 成約を 多くのがしている!? いまどきの部屋探しフローをチェックしてみましょう

人気ブログランキングへ ご協力をお願いいたします。
↑ ↑ ↑ クリックで一票加算されます。


お客様を 成約を 多く逃している!?
 いまどきの部屋探しフローをチェックしてみましょう

クリックするとダウンロードページへジャンプします。
↓ ↓ ↓

部屋探しをインターネットで探す人は確実に増えています。
年代で違いが出ますが、比較的若い年代は、インターネット検索率が、かなり高いです。
スマートフォンで物件情報を検索出来ますから。

なのに、インターネットを活用できていない不動産投資家さんがほとんど。
これは、不動産会社側の無知、というよりも、スキルが追いついていないことが原因でもあります。

上のフローとにらめっこしてみたらいかがでしょう?


以下、WEB空室対策の目的とその背景です。
不動産投資における市況は、人口減及びマンション供給過多と、ますます厳しくなることが確実視されており、すでに空室となった競合物件が乱立する地域も多く厳しさを増していますその状況下で、入居者を獲得するための施策の有無が不動産投資の勝敗を分けることになりますが、入居者募集、客付けを行うのは不動産営業マンであり、多数の担当物件の中から契約の取りやすい物件からの客付けとなりがち。空室率の高いエリアにおいては、すべての投資家が満足することは、ほぼあり得ません。今後、不動産投資家は、営業マンをサポートすることを念頭に、いかに自身の所有物件の空室を埋めるかを工夫する必要が出てきていると言えます。当サービスは、自身の所有物件に対する顧客発生率を高め、かつ成約率を高める効果を期待することができます。

人気ブログランキングへ ご協力をお願いいたします。
↑ ↑ ↑ クリックで一票加算されます。


0 件のコメント:

コメントを投稿