2012/05/20

犀川庄左衛門、犀川八郎右衛門

人気ブログランキングへ ご協力をお願いいたします。
↑ ↑ ↑ クリックで一票加算されます。

(親戚のみなさんへご報告をかねてのブログ記事です。(見てるかな))

一昨日の夜、富山県に向けて出発しました。

目的は、祖先に会いに。

本家は富山だということは知っていたのですが、僕のおじいさんが東京に移り住んだ後、富山との関係は薄れ・・・。

そのおじいさんも、僕が生まれる三年前に亡くなっていて、僕自身会ったこともありません。

先祖代々、百姓だったのか?武士、商人だったのか?
そもそも、犀川の名は、いつから始まったのか?

そして、どんな背景で僕が今、生きているのか。
また、僕の子孫にもそれらをできるだけ伝えたい。

そんな旅に、出発です。

談合坂サービスエリア
ルートは、中央高速で長野県松本、そこから国道で山を超え、富山へ。

出発から5時間後、到着。
この時深夜3時。早すぎた到着に唖然・・・。
(あんなに高速で走りきれる山道だったとは知らず、もっとゆっくり出発すれば良かった)

そして、朝までコンビニの駐車場で過ごし、早速犀川家を探します。

AM8:30、田んぼに囲まれたところでヒアリング開始。

「すみませ〜ん このあたりで犀川〇〇さんのお宅を探してるんですけど・・・」

と話しかけたその相手が、僕の祖先の土地、家屋を引き継ぎ守ってきたTおじさんの奥様。

すぐにお屋敷に上がらせていただき、お話を色々と伺うことができました。

その後、ご先祖様のお墓参り。
手を合わせ、自分、家族、親戚一同の報告をしました。

犀川家
ココでは、詳しいことは書きませんが、文化四年(1807年)四十九歳でお亡くなりになった犀川庄左衛門さんの父、八郎右衛門さん(年号は不明)までの家系図をいただくことができました。

来年、お墓を新しくするとのことで、その際はもう一度お墓参りに来ようと思います。


人気ブログランキングへ ご協力をお願いいたします。
↑ ↑ ↑ クリックで一票加算されます。

0 件のコメント:

コメントを投稿