2013/02/06

ホウ酸処理の“ツートップ”がすべての疑問を解決セミナー

人気ブログランキングへ ご協力をお願いいたします。 
 ↑ ↑ ↑ クリックで一票加算されます。

昨日は、NPO法人ホウ素系木材保存剤普及協会によるセミナーがあり、僕も司会進行役として参加しました。

セミナータイトルは、
「真剣に考える、これからの防腐防蟻」


セミナーのサブタイトルに、
「ほんとに効くの?」「注意点は?」「いままでの防蟻処理との違いは?」
〜ホウ酸処理の“ツートップ”がすべての疑問を解決します。〜

とあったからなのか、質疑応答が多く飛び交いました。
また、セミナー後もたくさんの方が残って、質疑応答が続くセミナーとなりました。


はじめに一般財団法人 住まいの学校 石原秀一様より、ご挨拶がありました。
ベストセラーになった「震災のときあったらいいもの手帖」を手がけた方です。

建築業界に大変お詳しい方で、正しい防腐防蟻について、お話をいただきました。

実は、NPO法人ホウ素系木材保存剤普及協会の荒川理事長が、執筆しました書籍が、一般財団法人 住まいの学校より発行されます。
人体への安全性が高く、効果が長期間持続するホウ酸塩防腐防蟻剤。
昨年3月に認可され、今後、シロアリ対策の主流になると注目されています。
本書は、木造住宅の基本から、シロアリとはどういうものか、ホウ酸塩の特性など基礎的な事項をふまえたうえで、海外での事例、実際の用い方などこれからの住まいのシロアリ対策について紹介します。



NPO法人ホウ素系木材保存剤普及協会 荒川民雄理事長

NPO法人ホウ素系木材保存剤普及協会認定講師 浅葉健介
両名とも、日本のホウ酸による防腐防蟻処理における第一人者です。

日本では、ホウ酸処理を行える業者はまだまだ少ないですが、
その全員この両名に影響されているのは間違いないでしょう。

さて、セミナー後は、当然のごとく打ち上げです。

うまいものいただいて、

いい感じに赤くなってました。






2 件のコメント: