2014/03/07

一年間で誕生したホウ酸施工士は約120名。ホウ酸施工士取得後も、常に勉強!

人気ブログランキングへ ご協力をお願いいたします。 
  ↑ ↑ ↑ クリックで一票加算されます。

一般社団法人日本ホウ酸処理協会が輩出しているホウ酸施工士制度をスタートさせて今月で1年が経過しました。

ホウ酸施工士の育成は、毎月2会場にて行われる各種スクーリング講習と、各種実地研修を適宜受講いただいて知識と技術の向上を目的に取得していただく資格です。
また、毎月全国の主要都市で試験を行っているので、たくさんのホウ酸施工士が誕生しました。
この一年間で誕生したホウ酸施工士は約120名。
1ヶ月に10名のペースで、ホウ酸施工士を世に送り込んできたということです。
ホウ酸の取り扱いは、非常に難しいところがあり、単純にホウ酸水溶液を仕入れて塗るだけではホウ酸効果を最大限発揮させられません。
ホウ酸の管理方法、処理方法、処理濃度、処理量、雨対策、そして、念入りに処理するべき箇所の他、隣地への配慮も忘れてはなりません。

そんな背景から、(一社)日本ホウ酸処理協会では、平成26年4月以降は、ホウ酸施工士の資格を義務化することを決めています。
つまり、4月以降は、有資格者によるホウ酸施工でなければ15年保証を付保できなくなります。

全国のボロンdeガード工法でホウ酸施工を行う施工員は、ほぼ全員有資格者になってはいますので、今、ホウ酸施工士を目指す方々は、各社の新入社員か新たに加盟された施工店スタッフの受講がほとんどです。
がしかし、ホウ酸施工士取得後も、常に勉強してもらう教育プログラムを提供しています。
その教育プログラムの一つがUSTREAMを活用したホウ酸施工士育成番組ボロンde学校です。


全国6万社の工務店が1.5万社に減ると予測している人もいる厳しい時代。
勝ち抜いていかなければならないのはホウ酸施工士も同じです。

ボロンde学校では、木造住宅の劣化に纏わるあらゆる知識を提供する教育番組で、歴史から始まり、関連法規、工務店が知りたい長期優良住宅化リフォーム推進事業について等、最新情報を常に提供して、各人のスキル向上をサポートしています。

通常は会員向けのクローズ番組ですが、
 この度、ボロンde学校の開講一周年を記念して一般公開致します。



人気ブログランキングへ ご協力をお願いいたします。
↑ ↑ ↑ クリックで一票加算されます。

0 件のコメント:

コメントを投稿