2014/06/17

長期優良住宅化リフォームセミナー 参加者アンケート分析と長期優良住宅化リフォームの現状


人気ブログランキングへ ご協力をお願いいたします。
 ↑ ↑ ↑ クリックで一票加算されます。

──────────────────────────
長期優良住宅化リフォームセミナー結果報告
 長期優良住宅化リフォーム推進事業へ非常に高い関心
──────────────────────────
メディア各位に御協力いただきました『長期優良住宅化リフォームセミナー』は9会
場全て無事終了いたしました。参加者アンケートをもとにセミナー結果要約をまとめました。

≪参加者アンケート分析と
 長期優良住宅化リフォームの現状≫

【参加者数】221名

名古屋、広島、熊本、浜松、大阪、高松、東京,仙台、福岡の 9 会場中、4 会場で定員オーバー、キャンセル待ちが出るなど、長期優良住宅化リフォームへの関心の高さを裏付ける結果となりました。 

【参加者内訳】
 工務店・ビルダー約30%、設計事務所約50%、流通約10%、その他約10% 
【参加目的】
 長期優良住宅化リフォーム約80%、業界情報収集約10%、その他10% 
【感想】
 よく理解できた約90%、 概ね理解できた約10% 

長期優良住宅化リフォーム推進事業概要をよく勉強されている方が多く参加されていました。 
参加者の感想として『住宅政策全体と長期優良住宅化リフォーム推進事業の位置づけが整理され、劣化対策と省エネの具体的な解説は大変参考となった』に集約されそうです。

【自社の省エネ・劣化対策の状況】 
 対応済みで現在も積極的に対応中、約50%、
 対応したいが知識が不十分、約20%、
 これから対応してゆきたい、約30%

回答は3つに分かれました。既に取り組んでおられる方が半分、残り半分の方も対応したい、これから対応したいと回答されていることから、長期優良住宅化リフォーム推進事業は 2014 年住宅業界の主要テーマとなることが予想される結果となりました。 

──────────────────────────


人気ブログランキングへ ご協力をお願いいたします。
↑ ↑ ↑ クリックで一票加算されます。

0 件のコメント:

コメントを投稿