2015/02/19

木材劣化対策とは?ホウ酸施工士育成プログラムとは?そして今日から工務店向けセミナーです。

人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。

昨日は、木材劣化対策ボロンdeガード工法の研修を終日行っていました。
自然鉱物ホウ酸を水に溶かし木部に染み込ませ、水分だけが蒸発すると、ホウ酸が木部内部、表面に残り、二大劣化原因であるシロアリや木材腐朽菌が死滅します。
ようはホウ酸でバリアをはることで、木造住宅を劣化させないように出来るわけです。
ただし、ホウ酸を熟知して、技術も伴った施工が大前提です。

我々が実施しているホウ酸施工士育成プログラムは計4回(4日間)の研修と2回の認定試験をクリアしていただくというものですが、その他にDVD教材、ホウ酸施工士育成番組の放送などを積極的に行っています。
認定されるまで時間がかかるので、結構大変だと思いますが、誰でもOKというわけには行きませんので、我々も本気で講義を行っています。
さぁ今日から「工務店経営者向けセミナー」がスタートします。
今日は名古屋、明日は博多と全国飛び回りますよぉ!
まだ空席ありますので、是非ご参加ください!




人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。
 マイホームの劣化対策の日本ホウ酸処理協会

1 件のコメント: