2015/12/10

エネマネハウス2015へ、取材に行ってきました。


日本で一般的に建てられている住宅の性能は、世界に視野を広げるとビックリするくらい低レベルなんだそうです。

日本の家は寒く、冷暖房をガンガンに使って光熱費がかさみます。
寒さを我慢しながら冬を過ごしていませんか?

だいたいなんで熱伝導率の高いアルミサッシが普通に使われてるんだろう。
なんで?なんで?なんで?と言いたくなることばかりです。


さて、もう先々月になりますが、エネマネハウス2015へ、取材に行ってきました。

エネマネハウス2015は、関東学院大学、芝浦工業大学、山口大学、立命館大学、早稲田大学の5大学の学生さんが、知恵を絞って未来の住宅を考え建築し、展示した上でプレゼンをしてくれるイベントです。






“学生が考える、将来の家”をテーマに、
“エネルギー”、“ライフ”、“アジア”の3つのコンセプトの下、先進的な技術や新たな住まい方を提案してもらいました。


創意工夫を楽しそうに、自信を持って、力強く話してくれる学生さんは、ほんと凄い!

自分はその頃、そんなに上手にプレゼン出来なかったと思うし。

とても勉強になりました。

学生のみなさん
どうもありがとうございました!



その後、別会場に移動して

各校のプレゼンテーション

苦労しながらも
創意工夫が見て取れました。


そして、最優秀賞に選ばれたのは、
芝浦工業大学、早稲田大学の2校
早稲田大学
芝浦工業大学
いや〜ほんと勉強になりました。

日本の住環境が、世界で認められるためには
若い皆さんの頑張りが必要なんだと思えました!
お疲れさまでした!
<(_ _)>



この日の取材は、ビデオ撮影しています。
来年より始動する一般社団法人工務店フォーラムへ入会された方にご視聴いただけるように編集中です。

ご期待ください!


人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿