2016/04/09

世界でも日本でも認められているホウ酸を木部にたっぷり処理しておけば、その建物は長寿命になります。

木材劣化対策工事は、新築工事だけではなく、すでにお住いのお宅の床下から壁内、小屋裏まで行えます。

日本のマイホームの寿命は、世界的に見ると短く30年と言われています。日本の住宅は劣化対策をしていないため、腐れやシロアリに食害され、ボロボロになっていきます。

木造住宅は、腐れとシロアリの被害がなければ1000年という人もいます。
木材劣化対策は、防腐防蟻工事です。
防腐防蟻効果がいつまでも持続させられる薬剤として、世界でも日本でも認められているホウ酸を木部にたっぷり処理しておけば、その建物は長寿命になります。


木材劣化対策工事は、新築工事だけではなく、すでにお住いのお宅の床下から壁内、小屋裏まで行えます。




人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿