2016/08/18

木造住宅をこれから建築する方へ。へたな工務店に全てをまかせてしまうと、とても後悔してしまうことがたくさんあります。

木造住宅をこれから建築する方へ

今、へたな工務店に全てをまかせてしまうと、とても後悔してしまうことがたくさんあります。今、防腐防蟻剤が大きく変わろうとしているところですので、いち早くこの情報をキャッチしていただければと思いまして以下に記しました。


ここでご紹介する情報は、信頼出来る建築会社様を選定する一つの手段にもなります!


木造住宅に処理する防腐防蟻剤が、自然素材ホウ酸に切り替わりつつあります。
従来からの防腐防蟻剤は、以下の理由により新築時には使用されなくなると言われています。

  • 殺虫剤なので、殺虫効果が持続しないため再処理が必要である。
  • 再処理をする度に、費用がかさむ。
  • 殺虫剤なので、揮発して室内の空気を汚すため、住まい手さんの健康を害してしまう。
  • 殺虫剤なので、妊婦さんがお住まいの場合、呼吸を通して胎児の神経を刺激するため脳発達障害の原因となる。
  • 殺虫剤なので、小学生くらいまでの幼児も呼吸を通して脳発達障害を引き起こし考える能力が低下する原因となる。
  • 殺虫剤なので、室内で暮らす大切なペットの健康も人間以上に悪影響がある。外出時以外の時間帯はずっと殺虫剤を吸引していることになる。
  • 殺虫剤は、そもそも予防目的で使うものではなく、駆除(殺虫)目的で使うものである。


一方、防腐防蟻剤として認定された自然素材のホウ酸は、以下の理由でほぼ全ての木造住宅に採用されると言われています。


  • ホウ酸は、無機物であるため揮発することもなく、防腐防蟻効果は長期間である。
  • ホウ酸は、野菜に含まれている必須微量栄養素であり、人間誰しも毎日摂取し続けている安心素材である。
  • ホウ酸は、温泉の成分の一つでもあり、肌に触れたとしても安心素材である。
  • ホウ酸は、そもそも床下や壁内の木材に処理するもので、揮発をしないため室内を汚すことがなく、住まい手さんに触れることがありません。
  • ホウ酸は、腎臓を持たない昆虫や菌に対して強力に殺虫効果を発揮させるものであり、世界中で防腐防蟻剤として使用されています。もちろん日本でも防腐防蟻剤として認定を受けている薬剤である。

ホウ酸が認定され、木造住宅で広く採用されるようなったのは、H24年です。
この時点で専門家は以下のように表現しています。
「マイホームに殺虫剤汚染をさせる理由がなくなった!」

尚、ホウ酸に変わる薬剤はありませんし、ホウ酸は昆虫の代謝を止めて餓死させるため、シロアリがホウ酸に耐性をもつこともありません。
つまり、ほ乳類に優しく、昆虫や菌に厳しく、いつまでもその効果を持続させるホウ酸は理想的な防腐防蟻剤と言えます。



上記の理由から、木造住宅で使用する防腐防蟻剤は、ほぼホウ酸になることでしょう。

マイホームを建築される皆様は、上記のことを工務店にぶつけてみて下さい。
工務店に上手に説明出来ない場合は、お手伝いしますので、お気軽にご連絡頂ければと思います。




人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)

 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿