2016/10/02

ホウ素系の防腐防蟻剤が認定され5年。蟻害の報告を受けていません。

日本の古い建物は、腐れが酷かったり、シロアリにやられていたり。
ビニールクロスで覆われて、壁内は見えないだけでボロボロだったりします。

築数十年の比較的最近の建築会社やハウスメーカーさんの建物でさえです。
木材は、本来1000年持つという人もいるくらいですが、なぜボロボロになる建物が多いのか?

いっぽう世界では、木材を劣化させないようにホウ酸を使うのが常識です。
ホウ酸は木材への防腐防蟻効果を強力に発揮します。

しかも、ホウ酸は無機なので無くならない鉱物であり、防腐防蟻効果をいつまでも発揮し続けます。
マイホームを長持ちさせるためには、ホウ酸処理工事は外せません。

日本でのホウ素系薬剤が認定され始めたのが5年前。

それ以降、徐々にホウ素系の薬剤で防腐防蟻を行うようになってきました。
すばらしいことに、ホウ酸で正しく処理された木材は、シロアリの被害の報告を受けていません。
もちろん絶対は無いと思いますが、今のところ実証し続けていますので乞うご期待です。



人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿