2016/10/31

同時出展「ジャパンホームショー」「建設技術展」。ホウ酸の魅力を強く伝えられたように思います。

 日本ボレイト 出展ブース
ジャパンホームショーに出展しました。

11月からサービスイン予定の「ボロンdeガード工法防カビプラス」関連に加え、色々と展示物がアリ、立ち寄っていただいた方には楽しんで頂けたと思います。

無添加のパンに「ボロンdeガード工法 防カビプラス」の処理済みと未処理を展示。
 ボロンdeガード工法 防カビプラス 実験
未処理のパンは、凄まじくカビますが、
カビの胞子が飛んでいる中、全然カビることのないパン。

未処理のパンは、凄まじくカビる。
「ボロンdeガード工法 防カビプラス」は、
カビ臭いマイホームで、カビの繁殖を抑え込みますし、
カビの予防も強力です!

 日本ボレイト ボロンdeガード工法 防カビプラス

 日本ボレイト ボロンdeガード工法 防カビプラス

ホウ酸配合の防蟻気密シーリング材「ボレイトシール」。

耐圧盤等を貫通する給排水管まわりに生じるシロアリの侵入経路をシャットアウトすることができます。
また、気密をとりたい場合に効果的に隙間を塞ぐことが出来ます。


一般的なシーリング材と違い、固まらないように設計されているため、地震等の揺れに追従するため、いつまでも隙間が出来ません。
シロアリの侵入経路として多いのが、この耐圧盤貫通部分

 ホウ酸配合 ボレイトシール
 ホウ酸配合 ボレイトシール

ホウ酸処理量を確認するクルクミンテスターホウ酸処理量を見える化する
クルクミンテスター」。
ホウ酸処理は、木部にどれだけの量を処理できたかで性能が決まります。

クルクミンテスターは、木部にシュッシュッシュッとスプレーすると、真っ赤に染まるか黄色のままなのかで、ホウ酸付着量を判断出来るように開発されたものです。

ホウ酸の量に応じて真っ赤に染まる場合は、十分なホウ酸付着量、逆に黄色のままは、ホウ酸付着量が規定量に達していないと判断出来ます。

 日本ボレイト クルクミンテスター

ボロンdeガード工法のホウ酸施工士は、ホウ酸濃度を管理し、ホウ酸の処理量を把握し、雨対策まで行い、ホウ酸付着量を確認するところまでマニュアル化しています。

 日本ボレイト ジャパンホームショー出展ブースその他、ボレイトスティックや新パンフレット、新プロモーション動画等を展示しました。

たくさんの方に立ち寄っていただいたようで、どうもありがとうございます。

ちなみに自分は、建設技術展に初出展していたりと、最終日午後に少しだけ顔を出せただけでした。
 日本ボレイト 犀川 ボレイトシール建設技術展のほうも声が枯れるほどたくさんの方にご興味を頂いて大盛況でした。

同日に別のイベントに同時出展なんて今まで考えたこともありませんでしたが、木材の劣化対策は世界基準のホウ酸に日本でもシフトするべきだと思っています。


今回の同時多発では、ホウ酸の魅力を強く伝えられたように思います。
早速反響もありまして、大きなお取り引きが始まりそうです。

人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。

2016/10/25

ジャパンホームショー、建築家にも、不動産投資家にも来ていただきたいなぁと。

今年の日本ボレイトは、ジャパンホームショーに出展します!

ココでご紹介したいのは、建築関係者に加えて、不動産投資家さんへの、ホウ酸の魅力です。
建物の価値を下げずに上げる。
当たり前のことを世界では常識、日本では非常識。

世界で当たり前のことが、
日本ではどうでも良いようなことのように扱われています・・・

不動産が高く売れるように出口戦略を考えるのは当たり前ですが、不動産の価値を下げない対策をすることも本当は大切です。
しかしながら不動産会社はそこまで考えません。
安く買えれば良い。何もわからない人に高く売れれば良い。

ホウ酸が防腐防蟻剤として認定されて5年!
その間、ホウ酸処理された部位への蟻害の報告はありません!
そして、まだまだ防腐防蟻の効果は持続し続けているということ!

更には、ホウ酸にある防カビ効果を強化した主に既存住宅向けのボロンdeガード防カビプラス!

さらには、ホウ素系の新防腐防蟻剤を発表!

そして、先着順で大ヒット防蟻気密シーリングボレイトシールの・・・


皆様、是非ともお立ち寄りください!

私は最終日に出没します。

人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。

2016/10/20

マイホームをシロアリに攻撃された時の悲惨さを想像できますか?

マイホームをシロアリに攻撃された時の悲惨さを想像できますか?

世界最強と言われるほど厄介なイエシロアリも日本には生息しています。
イエシロアリの蟻道(シロアリの通り道)。

さらに厄介なのが外来種のアメリカカンザイシロアリで、全国に被害が広がっています。

極端に含水率が低い材に住み着くアメリカカンザイシロアリの被害
アメリカンザイは、駆除が難しく日本のシロアリ防除業者では完全な駆除ができないため、御愁傷様ですと言われる業者もいるんだそうです。
汗水働いて建てたマイホームが、ご愁傷様の一言で終わってしまうなんて。
そうならないようホウ酸処理で、家全体をシロアリ予防することができます。ホウ酸は無機なので、効果が長期間持続します。

やられる前に予防をしておく。とても重要なことだと思います。

日本ボレイトでは、日本で唯一の新築既存を問わず木造建築物の劣化対策を行えるホウ酸施工士を多数育成、輩出しています。



日本の木造建築物を守る
プロフェッショナルなホウ酸施工士輩出数ナンバーワン!

人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。

2016/10/14

ボロンdeガード現場、潜入レポート

木材劣化対策ボロンdeガードの現場に潜入しました。
私、久しぶりの現場です。

ブルーシートに囲われたきれいな現場です。
ホウ酸は、雨対策が命!
ブルーシートで建物が養生されている現場は、
ホウ酸的には、とても相性が良いです。

2人1チームで、効率よく工事を進めてました。

まだ納まっていない木材もホウ酸処理します。

ホウ酸処理でたっぷりコーティングした部位は、
シロアリを寄せつけませんが、
正しくホウ酸処理できなかった部位は、
残念ながら防腐防蟻の効果はアリません。


処理忘れが無いよう丁寧に工事を進めます。

お庭の植栽にホウ酸処理溶液がかからないように
わざわざカーポートとなる広い場所に移動させて
ホウ酸処理を施していました。
ブルーシート上でのホウ酸処理。
現場を汚さないように
細かいところにも気配り。

処理後に元の場所に戻して雨養生。

 シロアリ被害の最も多い玄関部分は、
2階の床組までホウ酸処理をします。

玄関におけるシロアリの侵入経路は、
ホウ酸入りのボレイトシールでシャットアウト!

ホウ酸処理後の確認作業。
一本一本ホウ酸処理を確認してました。

この日は、設計の先生も現場に来られていて、
ホウ酸処理工事を見学されてました。

最後に、雨がかかることが無いように
シートによる雨養生をして終わります。

大工さんの道具も、
来た時よりもキレイにするつもりで清掃。

 木材劣化対策 ボロンdeガード工法

工事部の皆さん 
いつも丁寧な工事ありがとうございます。

僕は何も出来ず、すみません。

 犀川泰弘
スーツなので・・・



人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。