2017/05/31

アメリカカンザイシロアリの脅威。僕の知る限り大手ハウスメーカーさんはどこもやっていません。

アメリカカンザイシロアリファミリー
アメリカカンザイシロアリ対策をしていますか?
対策を怠ると、取り返しのつかないことになりかねません。
僕の知る限り、大手ハウスメーカーさんはどこもやっていません。
お施主様が、アメリカカンザイシロアリ対策をするべきだと、ホウ酸コーティングの全構造材処理を希望しても、何らかの理由をつけて却下されることが多いようです。

そういう面では、地域密着で柔軟に対応できる工務店さんのほうが、顧客目線で良いと思います。

そもそも、アメリカカンザイシロアリの恐怖を知らなさすぎる。
シロアリ防除業社さんのほとんどは、駆除が難しいという理由で駆除依頼をお断りするほどです。
被害にあった建物所有者に「御愁傷様です。」と心のない言葉を発する業者もいるほどです。
それでも一部のシロアリ防除業社は、駆除工事を受け、合成殺虫剤を中途半端に処理をして多額な請求を起こすも、間違いなく再発をしてしまうのがアメリカカンザイシロアリの被害です。
再発するのに多額な請求を起こすのは、いかがなものか。。。
その会社さんの名前は伏せておきますが、今の合成殺虫剤は「飲んでも安心だ!」と言い切る心無い営業マンをかかえています。

前置きが長くなりましたが、アメリカカンザイシロアリは、乾いた木材に取り付きます。
地面に依存しないため建物の小屋裏や壁内等、人の手が届かない場所、人の目が届かないところで繁殖を繰り返す外来種です。


部分的に合成殺虫剤を処理しても、処理できなかった部位にいたアメリカカンザイが繁殖を繰り返します。
合成殺虫剤の半減期は環境にもよりますが調べると数週間〜数ヶ月だったりしますので、殺虫効果はどんどん弱まっていき、1〜2年後には繁殖を繰り返していた残党が合成殺虫剤処理をした部位に戻ってきてしまいます。
つまり、合成殺虫剤処理はアメリカカンザイシロアリ対策にはなりませんし駆除もできません。



一方、ホウ酸コーティングは、アメリカカンザイシロアリ対策及び駆除には最適です。
無機質であるホウ酸は、処理された木部で効果を発揮し続けます。
無機物は、ガラスもそうですが100年でも1000年でもずっとそのままの形を保ち続けます。つまり木材に残り続けるホウ酸は、いつまでもアメリカカンザイシロアリの生息を許しません。
アメリカカンザイシロアリが、関東で広がっています。
また、家具に取り付いてしまうため、家具で流通し、全国へ飛び火しています。
米軍基地周辺も被害が広がっています。
その周辺のリサイクルショップから売られた輸入家具は、周辺のお宅へと飛び火していきます。
もしお隣さんが、そんな家具を購入したとしたならば、お隣さんからお隣さんへ被害が拡大していきます。
新築時に全構造材を処理しておかないと、きっといつの日か怖い目にあうのではないかと思いますが、皆様はどう思われますか?



人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。

2017/05/30

この人たちが、日本のシロアリ業界を牽引していく人たちなんだなと。

先日、日本ホウ酸処理協会(JBTA)会員の中でも
かなりマニアな人たちが集まる会がありまして、
貴重なお話を聞くことができました。


ここでは、何一つご紹介できないお話ですが、
日本ボレイト及び日本ホウ酸処理協会は、
たくさんの方々の集合体で、自分には未知の世界でも、
誰かに教えてもらえ、助けてもらえるいい団体なんだなと
つくづく感じました。

この人たちが、
日本のシロアリ業界を牽引していく人たちなんだな。

この歳になって、マジックで落書きする奴もいたけど。。。


人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。






2017/05/27

ホウ酸事業急拡大につき、各部署のスタッフ急募!

 日本ボレイト採用情報
急激にホウ酸コーティング業の需要が伸びています。
それに伴い、日本ボレイトでは人材の募集を強化しています。
ただ、忙しすぎて求人媒体への申し込みをしているのですが、原稿を書く時間さえ取れません。
それでも、事務職の女の子は増えてまして、毎日明るい笑い声が絶えない会社になってきました。


 日本ボレイト人材募集情報

 TOKYO働き方改革宣言「誠実」を社是にしてホワイトな会社を意識しています。
業績を伸ばしている真っ最中ですので積極的に増員を実施し、長時間労働者0%を目指し、本人の事情を考慮し積極的に休暇を取得出来るように推進、特定の社員に業務が集中しないように業務分担を行うことを目指しています。 
東京都に対して、上記事項を「働き方改革宣言書」として提出、コミットしました。
 日本ボレイト株式会社
 事業ドメインは「木材劣化対策工事」。 
「木材劣化対策工事」とは、女性や子供、胎児、ペットにまで安心な自然素材”ホウ酸”を木材にコーティングする工事です。 
建物の劣化を予防することが出来るため「ながいき・けんこう住宅」が実現することから多くの建築会社様のご採用が始まっています。
当社は、東京を拠点にし全国に100加盟店様を要するチェーン展開をしている本部です。 
当社の商品・サービスが全国の建築会社様にご購入、ご採用を頂くケースが急激に増えているため急成長をしております。 
そのため、全国の加盟店様へのアシスト体制を強化するため増員を行います。


人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。






2017/05/24

ホウ酸処理勉強会、ほぼ満席。時代の流れを感じます。

5月22日(月)、ホウ酸処理勉強会でした。

ほぼ満席での開催で、ホウ酸による木材劣化対策が注目をされていることを肌で感じることができました。
今まで苦労してきた分、嬉しい限りです。

前半は、
浅葉よりシロアリや腐れ、カビにおける木材劣化のメカニズムやホウ酸の正しい知識、
そして、工務店様が気になるあのハウスメーカーさんのこと・・・
外来種アメリカカンザイシロアリのこと・・・。

休憩時間には、ホウ酸商品の他、
アメリカカンザイシロアリを生きたまま展示しました。

後半は、
私犀川より、日本ホウ酸処理協会のあゆみから、
ホウ酸処理のプロでなければ意味がない理由、
ボロンdeガード工法のご紹介等をさせていただきました。

全国の木造住宅には防腐防蟻剤として合成殺虫剤が使われているケースが多いですが、
その合成殺虫剤から温泉の成分にもなっているホウ酸塩にシフトが始まっています。



しかし、理解をせずに工事を行うと、ホウ酸効果を得ることができません。
なので、本日の開催は、仲良くしているホウ酸を扱う他社メーカーさんも勉強に来てくれていましたが、正しいホウ酸処理を知っていただくために惜しみなく、ホウ酸のことを勉強いただいて、かつ、たくさんのご質問にお答え致しました。



余談では在りますが、
あまりにも安易に考えているホウ酸施工をしている人が多すぎます。
何も考えず、ホウ酸を購入して、ただ塗るだけではホウ酸効果を得れません。
ホウ酸処理のプロをとみせかけて悪意のある施工をする人もいます。

工務店様には、正しいホウ酸処理を知っていただいて、
ホウ酸による木材劣化対策工事が、日本の木造建築のスタンダードになるよう精進してまいりたいと思います。

ご参加いただいたみなさまのアンケートも、
嬉しい内容のものが多かったのも時代を感じます。

どうもありがとうございました。

人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。



 ホウ酸コーティングの風景


2017/05/09

地震の観点で、合成殺虫剤によるシロアリ予防はオススメできません。

木造住宅の2大劣化原因と言われるシロアリと腐れは、予防をしておかないと大きな地震による倒壊の危険性が高いのはイメージできると思います。
大きな地震が発生するたびに住宅の倒壊がニュースになります。
木造住宅の構造上重要な柱や壁がシロアリにやられていたら。。。
腐っていたら。。。。
浴室まわりは腐れ、シロアリの被害が多いため地震に弱い
地震の観点でいえば、合成殺虫剤による防腐防蟻の効果は短期間ですので、再処理できない部位の劣化が考えられます。
再処理できない部位がほとんどの近代住宅は、長期にわたり効果を発揮し続ける防腐防蟻処理が求められます。

長期にわたり腐れやシロアリによる劣化を寄せ付けないホウ酸処理は世界基準で、日本でも今、採用事例が急激に増えています。

日本ではホウ酸処理が認定されて5年を経過しています。
5年を経過している現在でも、ホウ酸処理されている部位はシロアリの被害報告は一切ありません。
効果は、これからも効き続けます。

 木材劣化対策工事


施工は命!
ホウ酸施工士育成に力を入れています。
施工風景をご紹介します
↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。