2017/06/28

ホウ酸処理工事は、誰もが魅力。でも気をつけてください!

認定書(3年毎に更新)
ホウ素系の薬剤が認定されて、
2017年9月で丸6年になります。 

ホウ素系認定薬剤の特徴は長期持続であることから、保証期間も必然的に長期間となっているのが一般的です。

この保証は、正しいホウ酸処理が大前提の保証です。

ホウ酸処理は、合成殺虫剤とは異なり、処理量がとてつもなく多く、処理時間も大幅に長くなります。



例えば、一般的な住宅規模で新築2階建ての全構造材処理であれば、ベテラン1人工でも2日(2人なら1日)は必要だったりします。


そんなホウ酸処理ですが、「正しいホウ酸処理」さえできれば防腐防蟻効果は最上級です!

ホウ酸処理面が雨にあたるとか、竣工後でも雨漏れ漏水等でホウ酸が流されない限り効果は長期間。
ずっとシロアリを寄せ付けません。
つまり、再処理不要となります。

下の表で見れば明らかですが、
既に合成殺虫剤を選択する理由は、完全に無くなっています。



ホウ酸処理は、誰にでも魅力を感じていただける工事です。


しかし、気をつけてください!
ホウ酸処理工事を、あっという間に終わらせるような人に。

「ホウ酸に詳しい」とか「私は技術があるから工事もすぐ終わる」とか言って回って、雑な工事をしている人がいます。

ホウ酸処理工事も、誠心誠意、自分の家のつもりで行える人を選定しなければ意味がありません。


今、全国的にホウ酸処理業者は増えています。
その反面、おかしな話もたくさんあります。

例えば、
ホウ酸工事を舐めているホウ酸業者の話です。
建築主からシロアリ被害の連絡がきて、
保証が使えず、シロアリ駆除もできず、
どうしようもなくなり、
日本ボレイトに相談に来た業者がいます。
「日本ボレイトに引き継ぎたい」と・・・
ひどい話です。

ホウ酸事業者として絶対条件なのは、
最後まで責任を取れることだと思います。





人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿