2007/10/24

バリューアップのご提案

2006年12月に松下電工から画期的な商品が発表されました。

それは、陶器を使わず手間いらずのトイレでした。

陶器の代わる素材として「有機ガラス」を採用し、汚れが付着しにくいようにし、かつ水を流すときに2種類の気泡を発生させて、洗い流す。というもの。

業界の常識を松下電工がやってのけました。
当時、「トイレ=陶器」なのが常識で、しかもTOTOでもなくINAXでもない松下電工からの発表でした。

人気blogランキングへ ←ワンクリックだけお願いします


いやぁ、当時画期的だったんですが、自分自身、本当に大丈夫なのかな?と見ておりましたが、約一年経過しましても特に大きなクレームは出てきていないようです。


(ちゃんと調べたわけではないんですけれど)



そして最近、INAXからまたまた画期的な商品が発表されました。

その名は「くるりんポイ」

浴室の排水溝にたまる髪の毛やゴミを水と一緒に流さないように、「ヘアーキャッチャー」が装備され、髪の毛やゴミがたまり、ポイッっと簡単に捨てられる大発明品です。

これも結構売れているんだそうです。

よくよく考えてみれば、トイレにしろ、くるりんポイにしろ、たいした発明ではないんですけど、あまりにも昔ながらの常識が、この発明を遅らせたんでしょうね。

そこで、不動産投資家の皆さんにもご存じない方がいらっしゃるでしょうから、ひとつご提案です。

 バリューアップ(物件の価値をあげること)につながりませんか?

 一般の方にも、まだまだ浸透していないと思われます。

 (まだ常識ではないですもんね)

 他物件との差別化、大事です。

 
 ということで、もしご興味おありでしたら、お値段交渉、メーカにしっかりさせていただきます。





人気blogランキングへ ←ワンクリックワンクリック


人気blogランキングへ ←ワンクリックだけお願い!

 

1 件のコメント: