2012/07/20

東北のいま。

人気ブログランキングへ ご協力をお願いいたします。
↑ ↑ ↑ クリックで一票加算されます。


先日の三連休、我が家は、お墓参りを兼ねた、東北への小旅行でしたが、
初日だけは、震災後の東北を見て回ることを目的にしました。



仙台空港周辺は、1階部分を津波で襲われた店舗が残っていたりと、
若干の爪痕は残ってはいましたが、震災前と全く変わらないように見えました。



ただ、空港周辺は、田畑が死んでいるのか、枯れた雑草の原っぱが目立ち、
また、新築の建物が目立ち、新築分譲の看板も多く目立ちますが、
もう、言われなければわからないほど、町並みは普通に戻っていました。



さて、13時ころでしょうか、松島海岸に到着すると、
僕たちは、迷いもなく仙台名物の牛タンの利久松島店へ向かいます。


牛タンの利久は、観光客でにぎわう店で、
地元の人は行かないお店だと聞いています。

でも、こんな牛タン、なかなか食べれませんから、仙台へ行くときはよく利用するお店です。


上の写真が、「極み」と称する2000円位する牛タン定食。
 下の写真が、普通の牛タン定食で、1600円位



観光客価格なので高めの設定ですが、
どちらも、炭焼きで厚みがあります。
包丁で切れ目を入れているので、歯ごたえも楽しめ美味しい。




さてさて、おなかを満たして、松島海岸の散策開始です。




大勢の観光客で賑わっています。



かまぼこ屋さんで、かまぼこを焼いて



アツアツをいただきます。


ようはチクワ

うまいです!




国宝瑞巌寺



伊達政宗から始まった伊達一族の位牌やそれらの重要文化財など
見どころありました。




松島を足早で散策した後、


石巻へ



海岸近くの住宅街




瓦礫は撤去されていますが、雑草地と化しています。


すでに16か月を経過しているにもかかわらず、
すさまじい爪痕が今もなお残っていました。




東日本大震災により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に、
亡くなられた方々へのご冥福をお祈り申し上げます。






人気ブログランキングへ ご協力をお願いいたします。
↑ ↑ ↑ クリックで一票加算されます。

0 件のコメント:

コメントを投稿