2013/12/25

シックハウス症候群と化学物質過敏症の違い。24時間換気の義務化っておかしいでしょ??

人気ブログランキングへ ご協力をお願いいたします。
   ↑ ↑ ↑ クリックで一票加算されます。

シックハウス症候群と化学物質過敏症をご存知ですか?
日本の住宅は、摩訶不思議なことだらけです。

シックハウス症候群とは?
化学物質などにより室内の空気が汚染された建物の中にいるときにでる症状の総称です。
その場所を離れると症状が治まるとも言われています。

化学物質過敏症とは?
体内に蓄積された化学物質の影響により非常に微量な化学物質に対しても反応をおこす症状です。
自然界に存在する化学物質で発症するなど住宅以外の様々な場所でも症状が起こると言われています。

近年、シックハウス症候群が大きな問題になってきているのは、床下の防腐防蟻剤として使われる合成殺虫剤や建材、家具に多くの化学物質に加え、住宅の気密性が高くなり、エアコンをつけたまま窓を閉め切ることよって換気が不足することで、化学物質の濃度が高い居住空間で生活をすることが原因と考えられています。

昔の住宅は、閉めきっていても隙間からの自然換気が有り、空気の入れ替わりがありました。
化学物質が室内に発散していても、自然の換気で濃度が高くならなかったため、症状が発症する件数は少なかったわけです。(少ないだけで発症されている方はいました)
しかし現在では、住宅の気密化が進んだため、計画的な換気をきちんと行わないと化学物質の室内濃度が高くなり健康を害してしまいます。
そこで、24時間換気を法律で義務化したわけです。

この法律も疑問符だらけで、換気扇メーカーが儲かって仕方ない利権の絡んだ法律と言わざるおえません。

ここで我が家の例での体験談を記しますが、
我が家では、1F、2Fのトイレで24時間、ずっと換気扇が回っています。
トイレではいつも風を感じます。
いくら便座が暖かくなっていても、冬はおしりを出すと究極に寒いです。
(風を感じるんですから)
エアコンには、15帖のリビングに、22畳用を設置しています。
しかし、トイレからどんどん温かい空気が排出され寒いです。

そもそも、なぜ24時間換気をしなければならないのか?
住宅の根本的な原因は、化学物質を家中で使用しているところです。

現在、どのご家庭でもエアコンによる冷暖房は欠かせません。
であれば、換気扇を24時間回すのではなく、化学物質を使わないなどの対策をする必要があるのではないでしょうか?

ちなみに、自然素材ホウ酸による防腐防蟻施工は、体に安心安全、無農薬。
ホウ酸なら、居住空間はいつもクリーンなので、24時間換気なんて必要ないのに・・・。
日本の住宅は、残念ながら、いろんな摩訶不思議なことがたくさんあるんです。

最上級の責任施工 ボロンdeガード工法
最上級の責任施工 ボロンdeガード工法
日本ボレイトホームページはこちら



人気ブログランキングへ
 ご協力をお願いいたします。  
 ↑ ↑ ↑ クリックで一票加算されます。

0 件のコメント:

コメントを投稿