2017/09/26

日本ボレイト 研究開発員募集します。

今回は研究開発員の募集を行います。
採用枠は1人を予定しています。

人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。

【募集背景】
日本ボレイト株式会社は、ホウ酸による木材劣化対策を事業ドメインとしており、ホウ酸の性質を利用した商品開発を行っております。
防蟻気密シーリング材「ボレイトシール」、ホウ酸木材保存剤「ボレイトスティック」、「防カビプラス」などを独自開発、販売をしています。
また、開発中の商品も多々あることから、商品開発、製造販売体制の強化を行うため研究開発員の募集を行います。

理学博士・荒川民雄
理学博士・荒川民雄



尚、弊社は、日本の木造建築物の防腐防蟻工事や既存住宅の防腐防蟻工事を責任施工で行うプロ育成を目的とした一般社団法人日本ホウ酸処理協会を運営し、プロのホウ酸施工士及び関係者を500名以上組織しているため、開発した商品群は全国で使用、販売をされるようになります。


【仕事内容
「ホウ酸処理の第一人者」である弊社会長の荒川民雄及び、荒川民雄の一番弟子である浅葉健介のもと商品開発を進めていただきます。

理学博士・荒川民雄は、東京大学工学部を卒業後、コーネル大学にフルブライト留学、博士課程修了後、ICI技術部長などを歴任し、1999年より、米U.S.Borax社(現Rio Tinto Minerals社)の技術コンサルタントに就 任。ホウ酸に不利であった規格「JIS K1571」を改正させ、ホウ酸を認定に導いた立役者です。
ノーベル化学賞の根岸英一先生とは東大時代からの親友でもあり、無機物に精通した生粋の化学者でもあります。

ホウ素系薬剤が防腐防蟻剤として認定されたH23年以降、木造建築物の防腐防蟻剤として使われてきた合成殺虫剤から、住まい手に安心安全で長期間効果が持続するホウ素系薬剤に切替が始まりました。合成殺虫剤の防腐防蟻市場は460億円以上(H27年矢野経済研究所調べ)。ホウ素系薬剤の潜在的市場はそれ以上と見込まれ、日本ではそのリーディングカンパニーとして弊社が存在しています。
今後、益々の需要が見込めることから商品開発、製造販売体制の強化に伴い専任として活躍頂きます。

ホウ酸塩

【ホウ酸塩とは?】
ホウ素は原子番号5の元素で天然には酸素と結合したホウ酸塩として存在します。代表的なホウ酸塩にはホウ酸(H3BO3)、ホウ砂(Na2B4O7・10H2O)、無水ホウ酸(B2O3)などがあります。世界のホウ酸塩は、防腐性、防蟻性、防カビ性、防錆性、難燃性などを併せ持ち活用シーンは様々で、世界中であらゆる用途で使用されています。
ホウ酸塩をガラスやセラミックに混合すると溶融温度を低下させる効果があり、断熱用ガラス繊維(グラスウール)はこの性質を利用して生成しています。
ホウ酸は海水、淡水、岩石、土壌等に存在し、植物の必須微量栄養素として肥料としての用途でも流通しています。
中性子を吸収する珍しい性質があることから311の原子力発電事故で有名になりましたが、がん治療にも活用されています。









人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。

2017/09/23

床下調査用のコロコロ(台車)を自作したところ、奪い取られました。

本日は我が家の床下調査日でした。
日本木材保存協会さんに提出するレポートを作成、提出をするための調査です。
そこで、床下調査用のコロコロ(台車)を自作したところ、奪い取られました。



なかなか返してくれません。




どんどん激しく夢中になり、
返してくれません。


暗くなりました。


結局夕食後の調査実施に。


床下は、昼も夜も関係なく暗いです。



シロアリが侵入してくる経路がたくさんありました。


シロアリ侵入経路遮断工事をしておかなくては・・・。

3年前にホウ酸のダスティング(散粉)処理をしていることもあり、
ゴキブリさんも死んでいてくれました。

一通りの調査を終えると、
お坊ちゃまが不敵な笑みを浮かべてお出迎え。

この後、平然と点検口の蓋を閉めて、
蓋の上に乗っかりやがった。

パパを閉じ込めて大笑いしてた・・・
恐るべし2歳児


人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。

2017/09/22

あまりいただかないご質問をご紹介します。

あまりいただかないご質問をいただきましたが、
意外と同じような疑問をお持ちの方が多いのかもしれません。
ご紹介します。

Q)日本ボレイト株式会社はエコパウダー社と同じですか?
A)会社も、事業自体も異なります。

補足で日本ボレイト株式会社の事業を記します。
プロのホウ酸施工士を全国に育成する教育及びホウ酸に関連する商品のメーカーとして事業を展開しています。

新築であれば15年保証、既存であれば5年を付保できる体制を全国に構築し、ホウ酸による木材劣化対策工事の普及活動を行っています。



その活動自体を以下動画(URL)にて完結にまとめておりますのでご視聴いただければと思います。



動画でご紹介していますように一般社団法人日本ホウ酸処理協会を設立し運営をしている会社でもあります。
ホウ酸処理は「施工が命」であるため、ホウ酸をお売りすることはなく、ホウ酸のプロが責任施工で工事を提供することに徹している会社です。



お問い合わせ、ご用命はこちら
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
 参戦中!(低迷中・・・)

 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。



2017/09/21

注目を集めているホウ酸処理は施工が命です。

ホウ素系の認定薬剤が注目を集めています。
人気ブログランキングへ 参戦中!(1クリック ご協力お願いします。)

ホウ酸塩鉱物を木材に適切に処理をすることで、木材の劣化原因である腐れやシロアリ等の木材劣化生物による被害を防ぐことが出来ます。

それぞれの薬剤には、用法用量が決まっています。ホウ素系薬剤はホウ酸が含まれる水溶液となっていて、それぞれ濃度が異なります。

ホウ酸水溶液は透明のため、目には見えないホウ酸を処理する工事になります。

効果を得るためには、最低でも木材に3kg/立米BAE を超える含浸をさせなければなりません。

水溶液の量ではなく、有効成分となるホウ酸の量がホウ酸換算にして3kg/立米BAE です。

ホウ酸についての知識と技術がなければ把握ができない量と単位ではないでしょうか?


ホウ素系の薬剤を購入して、大工さんが工事をするケースが増えています。
そんな大工さんに「ホウ酸をどれだけ含浸させているんですか?」とヒアリングするとガッカリします。

ホウ酸の認知度が上がっているのは良いことですが、ホウ酸を魔法の薬のように思っている人も増えてしまっていて、用法用量を気にすることもなく工事をしている現実。
困ったものです。
そんな大工さんに話を追求していくとホウ酸の規定量に達していない簡易的な処理だったり、雨対策の必要性を把握していなかったり・・・。

シロアリの被害が発生してしまったらどうするつもりなのか??

ホウ酸処理は施工が命です。



さて、今週は日本ホウ酸処理協会及び日本ボレイトによるホウ酸施工士育成研修を合宿形式で実施しています。
ホウ酸処理から、シロアリの駆除まで責任を持って工事を行えるホウ酸施工士育成カリキュラム。今日で三日目です。


木造建築物において、建築基準法上では何らかの防腐防蟻処理が定められています。
多くの工務店、ハウスメーカーは合成殺虫剤に頼ってきましたが、現在、温泉の成分でもあるホウ酸の認定薬剤がいくつも誕生し、当然のごとく合成殺虫剤からホウ酸へシフトが始まっています。

健康面でもそうですが、脳発達障害の原因とされる合成殺虫剤処理をした建築物に住みたい人はいません。

今、ホウ素系の認定薬剤が注目を集めています。
ホウ酸処理のご用命お待ちしています。

ボロンdeガード 施工店一覧


人気ブログランキングへ 参戦中!(1クリック ご協力お願いします。)


2017/09/14

住宅を長持ちさせるヒミツを数コマ漫画でご紹介。

「住宅を長持ちさせるヒミツ」と題してマンガにしました。

人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。

シロアリや腐れに侵される前に
木材にホウ酸でバリアをはる工事です。

お問い合わせお待ちしております。



2017/09/05

ホウ酸処理勉強会開催します。◆ホウ酸の認定から6年◆

◆ホウ酸の認定から6年◆

ホウ酸をご採用いただく工務店様が増えています。

無料セミナー開催!(10月13日熊本、20日東京、26日愛知、11月24日盛岡)
───────────────────────────────────
シロアリ、腐れ、カビ、キクイムシに強い認定された自然素材「ホウ酸」の
特徴やメリット、デメリット、高気密住宅における木材劣化対策などを解説
───────────────────────────────────

認定から今月でちょうど6年を経過したホウ酸。

ホウ酸の特徴は、効果が低下することなく長期間シロアリリスクの心配がないということです。
しかも安心な自然素材でありながらですのでホウ酸に勝るものは無いのではないでしょうか?

さて、昨年好評だったホウ酸処理勉強会の開催が今年も決まりましたのでそのご案内をさせてください。

世界では100年を超える実績があり、ホウ酸の効果が長期間であることは世界の常識です。
日本では、防腐防蟻剤として認定を受けてから6年ではありますが、この先世界と同様に10年、50年、100年と防腐防蟻効果を発揮し続け着実に実績を延ばしていくことと思います。

そのホウ酸について知識武装をしていただきたく「ホウ酸処理勉強会」を以下のとおり企画いたしました。
お近くの方は是非ご参加いただいて、「正しいホウ酸処理」を知っていただきたく思います。

【日程】

 10/13(金)熊 本  くまもと県民交流館 パレア10F会議室8
 10/20(金)東 京  中央大学駿河記念館 510
 10/26(木)名古屋  名古屋国際会議場 135会議室
 11/24(金)盛 岡  マリオス盛岡地域交流センター 184

 全ての会場共通で、開始時刻13:30~終了予定時刻16:45
 ※質疑応答のお時間を設けておりますので、終了時刻が前後します。


【受講のメリット】

1)ホウ酸処理を指定されても困らない!
2)お施主様に説明できる知識を得れる!
3)ホウ酸処理を前提とした顧客獲得も!
4)震災時での木材劣化による倒壊を防げる!
5)殺虫剤処理とは違い、PRポイントになる!
6)質疑応答時間で全ての不明点を解決できる!
7)壁内結露等によるカビリスクを軽減できる!
8)費用面でも自信を持っておススメできる!

【3分でわかるホウ酸処理説明動画URL】



【詳細・参加申込】
 以下のURLにて詳細を確認出来ます。

 https://borate.jp/seminar/seminar2017.php


よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。