2018/01/27

アメリカカンザイシロアリの予防、駆除、そして近隣に飛び火して迷惑がかからないようにする方法

日本では、
アメリカカンザイシロアリで困っている人が大勢います。
外来種のシロアリの被害が全国に広がっています。



世界にはいろいろな種類のシロアリがいます。
砂漠で生きていけるシロアリもいます。

そんな外来種のシロアリが、

日本の木造住宅を食い荒らし始めています。







シロアリ防除業者は駆除手段を持ち合わせていないため
「ご愁傷様」と言われるケースもあるとか。
そこで、
アメリカカンザイシロアリの「予防」「駆除」そして「近隣に飛び火して迷惑がかからないようにする」ためのホウ酸ダスティング処理をご紹介します。

ホウ酸の微粉末をそのまま空気の力で空間に散粉する処理方法で、人が入りづらい狭い空間でも隅々までホウ酸の効果を行き渡らせる事ができます。
侵入したアメリカカンザイシロアリをはじめとする不快害虫は、手足に付着したホウ酸微粉末をグルーミング等によって摂取すると、死に至らせられる処理方法です。 




アメリカカンザイシロアリは、土壌を介さず建物周囲より飛翔、又は、家具などの木製品に潜み建物内に侵入してくるなど建物の内外部問わず至るところから侵入してくる外来種です。

一度侵入を許すと木材、木製品内で ⻑期的に繁殖を繰り返えし、発見が難しいため被害が甚大になります。
また、群飛が始まると近隣へ移り住むようになり被害地域が円を描くように拡大していきます。
そのため侵入を防ぎ、飛翔を防ぐ必要があります。

そこで、あらゆる部位表面に対してホウ酸微粉末を付着させるホウ酸ダスティング処理が有効となり、建物への侵入及び建物からの近隣への飛翔を防ぐことができるようになります。

日本の木造建築物は、
アメリカカンザイシロアリの侵入を想定して建てていません。

シロアリ防除業者さんは、
アメリカカンザイシロアリの駆除手段を持ち合わせていません。




アメリカカンザイシロアリ対策は、
これからの日本には必要不可欠と考えます。


私達の実績から、
新築時に適切にホウ酸処理をすることで、

付保できるようになりました。


詳しくは、日本ボレイトへお問い合わせ下さい・

人気ブログランキングへ 参戦中!
 ↑ ↑ ↑ 
清きクリックで一票お願いします。