2016/05/30

施工が命!

建物を建てる際に、いろいろな業者さんが関わってきます。
電気屋さん、断熱屋さん、塗装屋さん、設備屋さん etc...。

それぞれプロとして現場に出入りしていきます。
それを統括しているのは工務店さんです。
その工務店さんがコスト削減を目的にしているのか、断熱工事を大工さんにやらせたりします。
でも、大工さんは正しい断熱工事を知らなかったりします。

その大工さん断熱欠損のこと、何も気にせず施工をしていませんか?
断熱欠損を住まい手さんに指摘されたとすると、誰に責任が生じるのでしょうか?
実は、ホウ酸の工事も大工さんがやっているケースが増えています。
でも、正しいホウ酸処理を知らないでの工事が多いためお施主様に迷惑がかかっているケースが目立ってきました。

シロアリ被害が発生し、施工ミスが原因とみなされ保証がつかえないケースを多く聞きます。
シロアリ保証が使えない場合、施工者もしくは工務店に責任が生じませんか? 

施工ミスはあってはなりません。
施工が命です!

断熱もホウ酸もプロに任せるべきだと思います。

ホウ酸で言えば、コストなんてさほど変わりませんし、むしろ安いんじゃないかとも思います。

人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿