2016/03/12

既存住宅現況検査技術者の大半は・・・

既存住宅現況検査技術者 犀川泰弘先月、既存住宅現況検査技術者更新のため、講習を受けました。

既存住宅を簡易的に診断することを目的とした資格なので、講義内容も簡易的です。

でも受講しているのは建築士資格保有者なので、プロの建築家ばかりです。
でも、建物の点検を本格的にできない建築家は意外と多いです。

既存住宅現況検査技術者という資格は、床下に入らず点検口からの目視程度の軽い点検で良しとしてます。

でも、建物所有者は点検調査をしてもらうからには、しっかり床下に潜って建物の診断をしてもらいたいですよね。

真っ暗闇な床下を隅々点検していけば、
築年数が長ければ長いほど、何かしらあるもんです。

建物の価値に大きく影響してくるシロアリの被害があるならば、
駆除もしたいですよね。


ホウ酸の木材劣化対策は、
いつまでもシロアリを寄せ付けません!



人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿