2016/08/04

木材劣化対策ならボロンdeガード工法!木造建築物の見えないところをデザインします!

木材を劣化させる原因は、腐れとシロアリです。


腐れ、シロアリから建物の柱、壁、床組、全ての木材をホウ酸でバリアすることができます。


いつまでも効果を持続させることができるため、再処理不要。

つまり、お金をかけずに建物を長持ちさせられます。


ボロンdeガード工法は、新築の住宅も、既存住宅(既に住まわれている住宅)問わず家全体をホウ酸処理できる日本唯一の団体です。

木材劣化対策ならボロンdeガード工法!
まだまだ一般の方にはひろまっていないキャッチかもしれませんが、工務店様にはだいぶ広まって来ています!


木造建築物の見えないところをデザインする!
“ながいき・けんこう”住宅を提供するのは、
一般社団法人日本ホウ酸処理協会認定の
ホウ酸施工士です。

ホウ酸施工士研修風景
木材劣化対策なら
ボロンdeガード工法!
木造建築物の見えないところを
デザインします!


人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿