2018/05/14

【地震対策】木材超耐久処理で、地震による倒壊対策を

シロアリ被害だけでまるごと家が潰れてしまうということはめったにありませんが、大地震の際に倒壊の確率が上がるという倒壊家屋の調査結果が出ています。


阪神淡路大震災後の調査では、シロアリもしくは木材腐朽菌による害が認められた家屋の倒壊率は80%で、害が認められなかった家屋の倒壊率40%という報告がありました。

特に家屋の耐震性に影響を与える食害箇所は、土台、柱、筋交い、合板で、こちらが被害に合うと耐震性が低くなり危険です。


住まい手とマイホームの”いのち”を"いつまでも"守るために、
木材超耐久処理は必要不可欠です。

POINT(1)
一回きりの工事なので、再処理等不要!

POINT(2)
一回きりの工事なので、経済的!

POINT(3)
ホウ酸による木材超耐久処理は、
いつまでも効果を発揮し続けるため、
シロアリの訪問業者を断れます!



人気ブログランキングへ 参戦中!
 ↑ ↑ ↑ 
清きクリックで一票お願いします。