2018/08/24

【事業説明会】2018年9月ホウ素系認定薬剤誕生から7年

木造建築物を超耐久化させるための「ボロンdeガード工法」施工代理店(加盟店)の募集を行なっています。

ホウ素系認定薬剤を適正に処理を行うことで、木材の劣化原因をシャットアウトできる「ボロンdeガード工法」は、おかげさまで急成長中です。
2018年9月、ホウ素系認定薬剤が誕生して7年を迎えます。
そして、
ここ最近、今まで様子見してられた工務店さんが、シロアリ対策からホウ酸屋の木材劣化対策(ボロンdeガード工法)にシフトし始めています。

それも、ネオニコチノイドが生態系の異変にともないEUにおいて全面使用禁止になったこともありますが、

そもそも、ネオニコチノイド系合成殺虫剤を防腐防蟻剤と称して、再処理ビジネスを繰り広げているシロアリ防除業者さんが、再処理する部位は、極端に部分的です。


再処理できない部位は、
シロアリや腐れによって劣化していいのでしょうか?
(いいわけないですね)


いつまでも劣化しない対策がなされるべきです。

私たちは、
正しいホウ酸処理を広めることを目的に、
各種ホウ酸セミナーを多数開催しています。

一方、
急拡大中のボロンdeガード工法における
施工代理店として参画いただきやすように人材育成プログラムを充実させ有資格者制度を走らせています。



フランチャイズではありませんが、ボランタリーという全国ネットワークを形成し、新規事業として参入しやすい環境づくりを提供しています。
施工への指導体制があるからこそ、新規事業として参入がしやすいとも言えます。

新規事業説明会開催を予定しています。




お申し込みお待ちしています。
人気ブログランキングへ 参戦中!
 ↑ ↑ ↑ 
清きクリックで一票お願いします。


0 件のコメント:

コメントを投稿