2016/07/13

JBTA ホウ酸処理研修施設開設

ホウ酸処理研修施設開設
ホウ素系木材保存材で防腐・防蟻処理施工に関する技術開発や施工指導などを行う一般社団法人日本ホウ酸処理協会(所在地:東京都江東区毛利、代表理事:荒川民雄、理事:浅葉健介、以下JBTA[Japan Borate Treatment Associationの略称])は、2016年7月、埼玉県草加市に「ホウ酸処理研修施設」を開設いたしました。
モックアップ
当施設の開設の目的は、ホウ酸処理による木造建築の長寿命化と資産価値向上のため、施設内部に建設された「1/1スケールの木造建築モデル」を用いて、限りなく現場に近い環境での技術向上・開発・検証をすることにあります。また将来的には、ホウ酸による木材劣化対策の研究実験施設としての展開を目論んでいます。

現段階では、全国に90社あるJBTA加盟の施工店に向けての施工研修のほか、座学による研修を毎月開催していく予定です。

JBTAの団体概要や「ホウ酸」による木材への劣化対策の効果等につきましてはJBTAホームページ(https://housan.jp)をご覧ください。

JBTAホウ酸処理研修施設
所在: 埼玉県草加市苗塚町449-4

人気ブログランキングへ 参戦中!(低迷中・・・)
 ↑ ↑ ↑ 清きクリックで一票お願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿